DHA

コラーゲンでアンチエイジング

コラーゲンは、肌や爪や髪の毛などを構成するタンパク質の1種です。
全ての細胞に存在し、細胞同士をくっつける働きがあるコラーゲンは、身体を形作る土台のような役割をになっています。
コラーゲンというと、セットのようにアンチエイジングという言葉がついてまわります。
そこで、コラーゲンによって得られる、具体的な効果を見ていきたいと思います。

まず、代表的なのが肌への影響力です。
肌は1番外側にある表皮の下に、真皮という層があり、ここでコラーゲンは1つ1つの細胞をつなぎあわせてくれるのです。
常温ではゼラチン状に固まり、水分を保ってくれるため、ハリのある肌を保つことが出来ます。

また、髪の毛の生成のためにも、コラーゲンは働いてくれます。
美しい髪の毛は女性の魅力の1つですが、ここにもコラーゲンは存在します。
水分を保つことで、ツヤやハリのある髪にしてくれるのです。
また、新しい髪の毛が作られるためには、毛根の部分にコラーゲンを必要とします。
これが不足すると、質の悪い、いわゆる痩せた状態の髪の毛になってしまったり、抜け毛が目立つようになります。

個人差はありますが、コラーゲンは20歳を過ぎるころから段々と減少していきます。
古くなったコラーゲンは、水分を維持することが出来ず、固くなってしまうため皮膚のしわやたるみの原因となるのです。
古いコラーゲンは分解されず、その場所にとどまり、新陳代謝の妨げとなります。
肌の乾燥や骨の弱体化といった悪影響も出てきます。
外から新しいコラーゲンを補っていくことで、古いものと置き換えられ、アンチエイジングにつながっていくのです。

コラーゲンを多く含む食品は、主に動物性のタンパク質になります。
魚や肉などに多く含まれるわけですが、中でも骨や皮の部分にコラーゲンは豊富に含まれています。
効率よく摂取するためには、こうした部分も含めて丸ごと食することが望ましいです。
お勧めは煮込みやスープなどです。
スープに溶けだしたコラーゲンをまとめて摂取でき、アンチエイジングに最適の食べ方です。