DHA

乳酸菌でアンチエイジング

乳酸菌は腸の調子を整えてくれますが、腸内環境の良好は身体全体の良好にもつながります。
アンチエイジングという視点からはもちろん、身体の健康全般について考えた時に、腸は無視できない存在です。
便秘になると肌荒れや体調不良を起こすことからもわかるように、腸がキレイな状態であれば、それだけで身体の老化を防ぐと事が出来るのです。

それでは、乳酸菌には具体的にどんな働きがあるのでしょうか。
乳酸菌は善玉菌を増やして、腸内の環境を整えてくれる補助的な働きをしてくれます。
腸には善玉菌と悪玉菌が存在しており、バランスを保っていますが、悪玉菌が増えて活動が活発になると、腸の中は荒れてしまいます。
そうならないように、年齢と共に減少していく乳酸菌を、外から補う必要があるのです。
また、乳酸菌は増えた悪玉菌を減らしてくれる働きもありますので、そこから発生する有害物質も減ることとなり、さらに腸内環境は良好となります。

腸が元気になると現れる効果としては、便通がよくなる、その結果肌がキレイになる、余分な脂肪が落ちてダイエットにつながる、免疫力が上がり身体が丈夫になる、ストレスを感じにくくなる、など、様々な効果が挙げられます。
どの効果もアンチエイジングに関係するものと言えるでしょう。

乳酸菌を多く含食品として、まず有名なのがヨーグルトです。
最近では、生きたまま腸に届く乳酸菌を配合された商品なども出回っています。
他にも味噌、納豆、しょう油、ぬか漬けなど、日本特有の発酵食品には乳酸菌を多く含むものが非常に多くなります。
昔から日本人は自然と乳酸菌を摂取してきたということですね。
近年食の欧米化が進み、昔よりもこうした発酵食品の摂取量は減っています。
改めて日本食を見直してみるのも良いかもしれません。

また、乳酸菌には即効性がなく、継続して摂取する必要があると言われています。
毎日の食生活に日本食を取り入れていけば、この問題も自然と解消されるでしょう。